都幾川線

堂平山林道マップへ戻る

■総延長:約2.4km ダート率:100%

都幾川線は赤木七重線の七重地区にほど近い地点から慈光寺方面へ続く林道です。
基本的に入り口は簡易ゲートで閉ざされ、関東ふれあいの道として遊歩道化されつつあるので、走行には注意が必要です。
七重地区側のゲートはバイクこそ抜けられるものの、4輪では抜けられません。(「自動車は通り抜けできません」と書かれています。)
慈光寺側のゲートはチェーンゲートで、バイク1台がギリギリのスペースしかありません。
なおこの林道、どこからどこまでが都幾川線なのか判断がつきにくく、終点の林道杭も途中の休憩所地点の分岐箇所にあるので、実際にはその地点が終点のようです(始点不明)。
ですので、ここでは敢えて七重地区から慈光寺までのダート区間を「都幾川線」として扱っています。

赤木七重線側入り口(ゲート)

ゲート内

西平地区への分岐(県道172号へ抜ける)

分岐の標識アップ

都幾川線林道杭

隣に立っている休憩所

慈光寺の霊山院(終点)手前からの景色

慈光寺の霊山院に抜けて終了(チェーンゲート)

堂平山林道マップへ戻る

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送